クレジットカード利用明細書と領収書

クレジットカード会社の利用明細書と領収書は全く別物となります。

 

クレジットカード会社の利用明細書は、クレジット会社があなたの代わりにお店へ立替払した代金を明示するもので、通常は、「利用日」「利用先」「利用金額」「利用回数」が記載されています。


一方、領収書はあなたの利用したお店が発行するもので、購入した金品の具体的明細が記載されています。

 

実務の場面では、クレジットカード会社からの利用明細があればお店の発行する領収書は必要ないと考えている方が多い感じがします。

 

確かにクレジットカード会社の利用明細があれば、いつ、どこで買い物したのかはわかります。

 

しかし、問題点がいくつかあります。

 

(1)お店が発行した領収書がないと税務上、経費として認められない可能性があります。
今のところ、税務当局はカード会社の利用明細書が領収書代わりになるとは考えていません。

 

(2)カード会社の利用明細では、利用先は分かりますが、購入金品の具体名までは分かりません。
例えば、アマゾンを利用したからといって、一括して全額を「消耗品費」などの科目で費用計上することは不適切です。

 

領収書には、具体的に「何を」購入したかも記載されています。

そのため、資産計上すべきか費用処理すべきか、またどの勘定科目で処理すべきか正確に会計処理が可能です。

 

もし資産計上すべきものがあったのに費用処理していれば、後日税務調査で問題となります。

 

(3)カード会社の口座引落日では、発生主義会計ではなく現金主義会計となります。

クレジットカード会社の利用代金は、実際の利用日から1~2ケ月遅れて請求されますので、クレジットカード会社の口座引落日をもとに会計処理すれば、本来の仕訳処理日より遅れてしまいます。

 

本来は利用日に未払計上すべきですが、カード会社の引落日に遅れて会計処理することになります。

 

このように領収書がないと税務上のリスクが高まることになるのです。

 

クレジットカード会社の利用明細だけで処理をするのは不適切なので、必ず領収書もあわせて仕訳処理しましょう。

 

なお、仕訳に利用した領収書は後日郵送されるカード会社の利用明細書にホッチキスなどで貼付しておくと照合もでき確実に整理保存できるのでおすすめです。

 

(税理士 橋本ひろあき)