所得税の修正申告と更正の請求

確定申告した所得や税額等に誤りがあった場合には、次の方法で申告内容を訂正することになります。

 

(1)申告税額が実際より少なかったとき(過少申告だった場合)

①すべき手続き

修正申告をします。この場合、過少だった税額を納税します。

修正申告書の用紙は「申告書第五表」を使用します。

②注意点

自主修正の場合、加算税はかかりませんが、延滞税がかかる場合があります。

税務署の指摘や調査があって修正申告する場合は加算税がかかりますので、自主的な修正が望まれます。

 

(2)申告税額が実際より多かったとき(過大申告だった場合)

①すべき手続き

更正の請求をします。この場合、過大だった税額が還付されます。

更正の請求の用紙は「所得税及び復興特別所得税の更正の請求書」を使用します。

②注意点

更正の請求ができる期間は、原則として法定申告期限から5年以内です。

 

どちらも国税庁HPの「確定申告書等作成コーナー」(無料)↙で作成できますので、必要であれば利用するとよいでしょう。

(税理士 橋本ひろあき)