所得税の納税と還付について

確定申告書の提出を終えたら、最後に納税を済ませます。

 

一方、還付申告であれば還付金を受け取ることになります。

 

(1)納税の場合

①納付期限

申告期限の3月15日までに納税します。

※休日の場合は、翌日まで

②延納を選択

3月15日と5月31日の2回に分けて納税します。

※確定申告書に延納額の記入が必要です。

③振替納税を選択

振替納税日に届け出た銀行口座から引落されます。

(振替日:平成27年分)

所得税:平成28年4月20日(水)

消費税:平成28年4月25日(月)

 

<参考:納税が遅れた場合>

納税が納期限に遅れた場合、あるいは振替納税ができなかった場合は、納期限の翌日から納付日まで延滞税㊟がかかります。

㊟遅れて納付した場合の延滞税の割合は、2か月以内であれば年2.8%、それを超えると年9.1%となります。

なお、延滞税が少額であればかからない場合もありますので、早めの納税が得策です。

 

(2)還付の場合

還付申告書を提出して問題なければ、早ければ3週間以内には申告書で指定した銀行口座へ振り込みされます。

遅くとも、1か月ちょっとで還付されます。

 

(税理士 橋本ひろあき)