業績表示と5つの利益

会社の業績は、損益計算書をみることで把握できます。


ところが、この損益計算書には、いろいろな名前の利益があって、どの利益をみるのがいいのか迷ってしまいます。


実は、各利益には、それぞれに意味があって、ケースバイケースで使い分けることが必要です。


ここでは、各利益の意味とその使い方をみていきます。


(1)売上総利益

売上高-売上原価で求められます。いわゆる「粗利益」です。これは、商品やサービスの販売益といえます。


(2)営業利益

売上総利益-販売費及び一般管理費で求められます。これは、本業ビジネスの正味の利益といえます。


(3)経常利益

営業利益±営業外損益で求められます。財務関係の損益(例えば、受取利息・受取配当金や支払利息、受取家賃や支払家賃など)を営業利益に加減したもので、その会社の通常ビジネスで発生する利益といえます。


(4)税引前当期純利益

経常利益±特別損益で求められます。臨時・偶発的な損益(例えば、固定資産や投資有価証券の売却損益など)を経常利益に加減したもので、その会社の一会計期間において発生した全利益といえます。


(5)当期純利益

税引前当期純損益-法人税等で求められます。法人税をはじめ税金費用を差し引いたもので、その会社の一会計期間において発生した正味利益といえます。

このように、それぞれの利益には意味がありますので、例えば、商品力を知りたければ(1)売上総利益を、本業力を知りたければ(2)営業利益を、総合力を知りたければ(3)経常利益をみることになります。


また、中小企業の場合、(4)税引前当期純利益は(3)経常利益と同額であることが多く、差額があれば、特別な取引があったことになります。


なお、(5)当期純利益は税引後のものですから、(4)税引前当期純利益からその会社の実効税額を控除したもので、会社が自由に使えるものになります。会計上は、利益剰余金に繰り入れられるため、内部留保が充実し、財務力が向上します。


業績利益といっても、どの利益に着目するかで、その会社の見方が変わってきます。

例えば、売上総利益はいいけど、営業利益はよくないとか、営業利益はいいけど、経常利益は悪いとか、、です。


あなたの会社の利益構成はどうなっていますか?


(税理士 橋本ひろあき)