財務力指標

財務力指標は、経営状況や財務状況の健全性を判断する際に役立ちます。


また、融資を受ける際に利用される指標でもあります。

 

その指標の良し悪しで、その会社の借入金の返済能力を判断できるからです。

 

具体的には、①自己資本比率、②当座比率、③債務償還年数 があります。


それぞれ順にみてみましょう。

 

①自己資本比率=純資産/総資産×100(%)

自己資本比率は、会社の財務の安全性をみる指標です。

この比率が高い会社は、借入にあまり頼らず、自社のお金で経営ができているので、これまでの経営の堅実さが証明されます。金融機関からも、財務耐久力のある会社として高く評価されます。

 

②当座比率=当座資産/流動負債×100(%)

当座比率は、短期的な債務の支払能力をみる指標です。

当座資産とは、流動資産のうち換金性の高い資産をいい、例えば、現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券などです。

一般的には、当座比率は100%以上であることが望ましいとされます。


※同様の指標で流動比率㊟があります。㊟流動比率=流動資産/流動負債×100(%)

 

③債務償還年数=有利子負債/営業キャッシュ・フロー(年)

債務償還年数は、有利子負債(短期借入金、長期借入金、社債)を、稼いだ営業キャッシュによって、何年で返済できるかをみる指標です。


分母の営業キャッシュ・フローとは、本来の営業活動から獲得した現金同等物のことです。

 

正確には、キャッシュ・フロー計算書(C/F計算書)を作成しなければならないのですが、簡便的に次のように求めることができます。


・簡便的な営業CF=経常利益+減価償却費-法人税等

 

一般的に、債務償還年数は10年以内であれば、返済能力が高いとされています。


経営者の皆様は、少なくとも四半期ごとに、この財務力指標を確認して、改善・向上させる必要があります。

 

(税理士 橋本ひろあき)