賃貸ワンルームマンションの財産評価

賃貸ワンルームマンションを所有している個人(賃貸オーナー)の相続時や贈与時の財産評価をみてみましょう。


ワンルームマンションは、マンション専有部分(家屋)とマンション敷地利用権部分(土地等)から構成されています。


そのため、財産評価は、家屋評価と敷地利用権評価をそれぞれに行い、合計します。


(1)マンション専有(区分所有建物)部分
固定資産税評価額が各専有部分ごとに付されていますので、家屋と同様に確認できます。
賃貸ワンルームマンションの場合、賃貸中であれば、貸家の評価となり、30%の減額があります。


(2)マンション敷地利用権部分
 通常の敷地とは異なり、まずマンション敷地全体の評価額を算出します。
次に、マンション専有部分に対応する敷地利用権部分を計算します。

具体的には、次の算式により計算できます。

マンション敷地利用権部分=マンション敷地全体の評価額×持分割合(専有面積部分の比率)

 

賃貸ワンルームマンションの場合、賃貸中であれば、貸家建付地の評価となり、減額があります。

 

(3)相続税の小規模宅地等の特例

貸付事業用宅地等として最大200㎡まで、評価額の50%を減額できます。

ただし、自宅敷地と併用する際は、対象面積が制限されますので注意が必要です。

 

また、関連する評価項目の記事もぜひ参考にしてください。

 

■関連記事

家屋の財産評価

宅地の財産評価

貸家建付地の財産評価

 

(税理士 橋本ひろあき)