相続開始後の手続スケジュール

相続開始後に行う手続きにはさまざまなものがあります。

 

ここでは時系列にみていきます。

 

(1)7日以内(期限)

・死亡届

・埋葬許可証

 

(2)14日以内(期限)

・世帯主変更届

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・遺言書の有無の確認

(あれば遺言者の住所地を所轄する家庭裁判所で検認)

・相続人、相続財産の調査・確定

・未成年者について特別代理人の選任申立

(未成年者の住所地を所轄する家庭裁判所)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

(3)3か月以内(期限)

・相続放棄または限定承認の手続

 

(4)4か月以内(期限)

・準確定申告(被相続人の所得税の申告・納付)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・遺産分割協議、協議書の作成

・相続財産(預貯金・不動産・車等)の名義変更手続き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

(5)10カ月以内(期限)

・相続税の申告、納付

 

(6)2年以内(時効)

・国民健康保険、健康保険の葬祭費や埋葬料の請求

・労災保険の葬祭料の請求

・国民健康保険、健康保険の高額療養費の請求

・国民年金の死亡一時金の請求

 

(7)3年以内(時効)

・生命保険の保険金請求

・損害保険、共済保険の保険請求

 

(8)5年以内(時効)

・国民年金の遺族基礎年金の請求

・国民年金の寡婦年金の請求

・厚生年金の遺族厚生年金の請求

・未支給年金の請求

 

上記のうち、該当するものの手続きを行います。

 

※健康保険や年金関係の届出(資格喪失等)も忘れずに行います。

 

(税理士 橋本ひろあき)