絵画の財産評価

絵画の財産評価はかなり曖昧で困難だと思います。

 

絵画の収集を趣味にしている人にとっては価値があるものでも、興味のない人にとってはあまり価値を感じないものだからです。

 

実際には、相続財産としての絵画の評価については、 財産評価基本通達で「書画骨とう品」として次のように規定されています。

 

(書画骨とう品の評価)

135 書画骨とう品の評価は、次に掲げる区分に従い、それぞれ次に掲げるところによる。

(1) 書画骨とう品で書画骨とう品の販売業者が有するものの価額は、133≪たな卸商品等の評価≫の定めによって評価する。

(2) (1)に掲げる書画骨とう品以外の書画骨とう品の価額は、売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して評価する。

 

一般家庭における相続財産の評価にあたっては、135(2)に基づきます。

いわゆる「時価評価」ということになりますが、これは本当に難しそうです。

 

美術年鑑に掲載されているような絵画となれば、慎重に鑑定評価することをおすすめいたします。

 

ちなみに、美術品の「鑑定士」というのは、法律上存在しません。

 

自称「鑑定士」「鑑定会社」の中には実態の数十倍もする査定をしてしまうケースがあるようです。

 

納得がいく適切な鑑定額の査定が求められます。


なお、趣味的な飾り絵などは、家庭用財産の一つとして、他とまとめて評価して差し支えないと考えます。


■関連記事

家庭用財産等の財産評価

 

※参考

美術年鑑はあくまでも目安として使います。
年鑑の値段はその作家の最高値、最高傑作の値段といえます。
なお、精通者は、実態売買の値段(現在の流通相場)での評価を行います。

 

(税理士 橋本ひろあき)

ダウンロード
買取業者.pdf
PDFファイル 127.8 KB