山口県内の基準地価

今日付けの朝日新聞で、基準地価の掲載がありました。

 

3大都市圏では住宅地価が6年ぶりに上昇したとのことです。

一方、地方においては、まだまだ下落傾向にあるようです。

 

私の住む山口県はどうかというと、住宅地・商業地ともに下落幅が縮小し、横ばい地点も5地点増えたとのことですがまだまだ下落傾向にあります。(21年連続の下落)

前年比:住宅地▼3.0%、商業地▼3.8%

※詳細は、下記のファイルでご覧いただけます。

 

個人的な見通しですが、人口減少県の地価が上昇するのは、かなり困難と考えます。

需給によって価格決定されるのが市場原理だからです。

 

ちなみに、私の住む宇部市の

商業地・価格トップ:中央町2-6-10 65,400円/㎡

住宅地・価格トップ:南小串2-10-29 45,500円/㎡

となっています。


基準地価の平均価格の全国順位も、住宅地で34位(平均価格2万6100円/㎡)・商業地で39位(平均価格4万7千円/㎡)にとどまっています。

 

ただ、考え方を変えれば、山口県は安い価格で土地が購入できるので、人が住みやすい、また企業が進出しやすい県ともいえます。

 

(税理士 橋本ひろあき)

♢関連新聞記事

ダウンロード
山口県内の基準地価
2014年9月19日.pdf
PDFファイル 585.9 KB