相続分の譲渡とは

(1)相続分の譲渡
遺産分割は、通常、相続人間で合意が成立するまで時間がかかります。

相続人の中には、早く相続財産を手にしたいとか、あるいは、遺産争いに巻き込まれたくないと思う人がいます。

このような場合に、自分の相続分を遺産分割の前に、他の相続人又は第三者に譲渡することができます。

これを「相続分の譲渡」といいます。

 

ここでいう「相続分」とは、相続人が遺産全体(積極財産と消極財産を含む)の上に持っている分数的割合を意味し、個々の財産の共有持分ではありません。つまり、相続人の地位そのものということができます。

そして、この「相続分」は有償でも無償でも譲渡することができます。

 

(2)例示
例えば、相続人が長男、次男、三男の3人で、そのうち三男が相続分を長男に譲渡するとします。
この結果、相続分は、長男が3分の2、次男が3分に1、三男が0となります。

 

①無償譲渡の場合
税務的には、遺産分割協議で財産を何も取得しなかったことと同様に取り扱われます。

つまり、贈与税や相続税の問題は生じません。

 

②有償譲渡の場合
仮に、三男が長男に相続分を1,000万円で譲渡した場合には、三男は長男から1,000万円を受け取り、遺産分割協議で長男が財産を多く相続する代わりに、1,000万円を三男に渡すことになります。

この結果、代償分割したことになります。

つまり、三男には1,000円について相続税がかかり、長男には渡した1,000万円が相続財産から控除されて相続税がかかります。


なお、三男の有償譲渡には譲渡所得税はかかりません。

 

(3)活用法
例示の場合、遺産分割は、長男と次男で行えばよいことから、協議をスムーズに進めることができます。

この方法は相続人の交流が乏しい場合(相続人が甥や姪である場合)に活用できます。

 

(税理士 橋本ひろあき)