贈与税の軽減(減税)対象

平成27年1月から相続税が増税されますが、同時に一定の場合に贈与税が軽減(減税)されることになっています。これは相続増税の負担軽減と次世代の消費促進を目的に行われます。

 

具体的な軽減(減税)の対象者は、20歳以上の子や孫が、祖父母や父母から贈与を受ける場合です。

 

暦年課税される贈与税は、基礎控除が110万円ありますので、1年間にもらった額が110万円以内であれば非課税となりますが、それを超えると超えた部分(課税対象額)について一定の税率により贈与税が課税されます。

 

ただし、課税対象額(もらった額ー110万円)が300万円を超えると、平成27年1月から税率が5%~10%引き下がる階層がでてきます。 

ただし、課税対象額が4,500万円を超えると、逆に5%引き上がるので注意が必要です。(下記参照)

 

そのため、あえて身内に生前贈与して贈与税課税される方が、相続税課税されるより総合的にみて有利となるケースがでてくることになります。

 

(税理士 橋本ひろあき)

「朝日新聞:なるほどマネー(気になる相続⑩)より」
「朝日新聞:なるほどマネー(気になる相続⑩)より」