商業出版は儲かるの!?

電子出版でそこそこ売れると、商業出版も考えることになります。

 

商業出版は、よく「実力」と「運」が必要だと言われます。

前者は当然だとしても、後者はいったいどういうことなのでしょか?

 

おそらく、商業出版の場合は、「売れる本」を作ることを最優先にするため、時流に沿わない内容のものはどんなに良い内容の本であっても出版化されないということだと考えます。

 

また、同じ実力の著者が同じ内容のものを書いた場合、早い者勝ちといったタイミング上での運も必要なのでしょう。

 

一般に商業出版では初版3,000部を刷るそうですが、印税率が定価(1,000円とします)の1割とすると、印税収入は300,000円です。

 

実際に出版の経験がある方がいうには、出版はそれはもう大変な労力が必要とされるということです。

200ページで、10万文字書く訳ですから、並大抵ではありませんね。

 

この対価として、30万円!?

 

7~8割の本が初版止まりという現実から、あまり儲かりそうなことではなさそうです。

 

我々の士業者も出版する方が多いですが、この場合は完全に儲けというよりは、ブランディングが主たる目的といえそうです。

 

本を出版した先生方は差別化が可能となります。本を通じて専門分野を強力にアピールできます。

そして、実力と実績を本という「かたち」で示すことができるので、無形のサービスを売る士業者にとっては大変価値のあるものといえます。

 

こうして考えてみると、私は、ノウハウのある電子出版を主としながら、商業出版についても何かしらのご縁があれば是非行いたいと思います。

 

常に門戸は広げておりますので、ご関心のある出版社の方はご連絡いただければ幸いです。

 

■関連記事

個人の印税収入の課税関係」 

商業出版は儲かるの!?」←当記事

電子書籍の出版化あれこれ

Amazon Kindleからの印税収入(ロイヤルティ)あれこれ

Amazon Kindle用のフォームSS-4

Amazon Kindle用のフォームW-8BEN

米国税理士ではないけれど、、(米国税制)

 

(税理士 橋本ひろあき)