証券投資信託(受益証券)の財産評価

証券投資信託(受益証券)、いわゆるファンドの財産評価は一体どのようにするのでしょうか?

 

(1)証券投資信託とは

証券投資信託とは、不特定多数の投資家から集めた資金を、投資信託委託会社が株式や公社債などの有価証券に分散投資し、その運用によって得た利益を投資家に分配する商品です。

 

主たる投資対象が何かによって、株式投資信託、公社債投資信託、転換社債投資信託などに分けられます。

 

(2)評価方法

証券投資信託の受益証券の評価は相続開始日において解約請求又は買取請求(「解約請求等」)を行ったとした場合に証券会社等から支払いを受けることができる価額により評価することになります。

 

具体的には、形態により、次の3種類に分けて評価します。

 

①日々決算型の証券投資信託の受益証券

中期国債ファンドやMMF等の日々決算型の受益証券については、次の算式により計算した金額によって評価することになります。

 

●1口当たりの基準価額×口数+再投資されていない未収分配金-源泉徴収所得税等相当額-信託財産留保額及び解約手数料

 

②①又は上場以外の証券投資信託の受益証券

相続開始日において解約請求等をするとした場合に、金融商品取引業者から支払いを受けることができる価額として、次の算式により計算した金額によって評価することになります。

 

●課税時期の1口当たりの基準価額×口数-源泉徴収所得税等相当額-信託財産留保額及び解約手数料

 

③上場されている証券投資信託の受益証券

上場しているものについては、解約請求等ができず、受益証券の換金は金融商品取引所を通じて売買するしかないため、上場株式の評価に準じて評価することになります。

 

なお、基準価額は新聞やウェブサイトなどで知ることができます。

 

(税理士 橋本ひろあき)