Amazon Kindle用のフォームSS-4

最近、自己出版が一部で流行っているようです。

 

私も例にもれず、先般、アマゾンのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)から3冊自己出版いたしました。

 

上の写真がそれです。

 

ところで、このKDPシステムは米国法人のアマゾンとの契約になるらしく、特に税金面で手続きが少しややこしくなっています。

 

KDPでの出版にあたっては、税に関するインタビューに応えなければならず、いわゆる日米の租税条約に基づく便益(米国での源泉徴収の免除)を受けるためには、IRS(米国内国歳入庁:日本の国税庁のようなもの)に所定の手続きをとらなければなりません。

 

この手続きには、税制上のステータスによって何通りか考えられるのですが、ここでは一般的によくあるケース(つまり、純粋な日本人である日本居住者が、この度、KDPで自己出版することになり、米国での源泉徴収の免除を受けたい場合)についてみていきたいと思います。

すなわち、一般の個人が、EIN(雇用者番号)を取得するケースについてです。

 

(1)Form SS-4 の作成

こちらは、IRSのウェブサイトから様式のダウンロードが可能です。

しかも、ウェブ上で直接入力できる最新型となっています。

 

入力例は、下記のデータを参考にしてもらえればよいですが、何点か注意点を記しておきます。

 

①最後の署名欄は、日本語(漢字)での記入でOKです。

私の場合は、「橋本 広明」

 

②日付欄は、アメリカ式で記入します。

例えば、2014年5月16日なら

「05/16/2014」(月/日/年)の順になります。

 

③右側下から2番目の電話欄と右側下から1番目のFAX欄は、国際番号形式です。

例えば、電話番号が0836-43-6455、FAX番号が0836-43-6456なら

電話番号:「(+81)836-43-6455」

FAX番号:「(+81)836-43-6456」

となります。

つまり国番(+81)の追加市外局番は初めの「0をとる」点に注意してください。

 

あとは、添付データのとおりで問題ないですが、少し読みずらいかもしれません。

特にレ点のふり忘れなど注意して完成させてください。

 

そして、完成後は、FAXで(自宅から送信可能です。)、IRSに送信しましょう!

送信先のFAX番号は、「010-1-859-669-5987」(平成26年5月時点)です。

ふぅ長いですね~。

 

通常は、何の問題もなければ、4営業日以内で(約1週間)で、FAXで、EIN番号が付されて返信があります。

 

これで晴れて免税を受けられることになります。

 

(2)税のインタビューのやり直し(又は、はじめて行う)

①当初30%課税で手続きしていた場合

基本的な流れは、初回のとおりですが、EIN番号入力の際は、「過去60日以内に取得したにチェックを入れてください。

②初めて行う場合

指示通りに入力してください。

 

なお、Form W-8WEN の書き方については、別の記事でご紹介したいと思います。

 

■関連記事

個人の印税収入の課税関係

商業出版は儲かるの!?」

電子書籍の出版化あれこれ

Amazon Kindleからの印税収入(ロイヤルティ)あれこれ

Amazon Kindle用のフォームSS-4」 ←当記事

Amazon Kindle用のフォームW-8BEN

米国税理士ではないけれど、、(米国税制)

 

(税理士 橋本ひろあき)

■記入例

一般の個人が、副業でKDPから自己出版するケースで参考にできます。
※個人事業主や法人の場合は利用できません。