日経225オプション取引の概要

投資法人でオプション取引を行う場合を2回にわたりみてみましょう。

 

(1)日経平均(225)オプション

日経平均(225)オプションとは、あらかじめ定められた期日(満期日)にあらかじめ定められた価格(権利行使価格)で日経平均を買い付ける、または売り付ける権利のことです。

 

(2)取引単位

指数の1,000倍
(例) 日経225オプションにおいて300円で1単位を取引した場合の約定価額

     300   ×         1,000×1   =  300,000円
(1単位あたりの約定価額) (単位数=枚)      (約定金額)

 

(3)オプション取引

①売る権利、買う権利の売買取引

この権利を売買することをオプション取引と言います。

「売る」権利のことを「プットオプション」、「買う」権利のことを「コールオプション」といいます。

②転売、買戻し

オプションの売り手と買い手は満期日までに、オプション市場において買った(買建てた)オプションを売る(転売する)、売った(売建てた)オプションを買う(買戻し)と言う反対売買によって決済することが出来ます。

③権利行使

また、オプション取引の特徴として、オプションの買い手は権利行使によって決済することが出来ます。
コールオプションの買いであればその値段で日経平均を(実際には225銘柄全部を買うことになり、その買い付け代金が必要になります)買うことが出来、プットオプションの買い手は、その行使価格で日経平均を(225銘柄を売ることになり、株券が必要になります)売ることが出来るわけです。

④ヨーロピアンタイプ
満期までの期間中いつでも権利行使が出来るタイプをアメリカンタイプ、満期日にしか権利行使できないタイプをヨーロピアンタイプといい、日経225オプションは後者のヨーロピアンタイプです。

⑤プレミアム(オプション料)

オプションの買い手は権利を得るために売り手に「プレミアム」と呼ばれるオプション料(=これが通常の株価のようなものです)を支払い、売り手はこのオプション料を受け取ることになります。

⑥差金決済取引

日経225オプション取引は株価指数という抽象的な数値を取引の対象とするため、反対売買による決済以外は差金決済となります。

⑥権利放棄時

満期日に権利行使しなかったオプションは消滅します。

⑦決算時

デリバティブ取引に該当するため、未決済の取引は期末に決済したものとして評価損益を計上することになります。

  

(税理士 橋本ひろあき)