日経225先物取引の会計処理

前回は取引概要をみましたが、今回は実際の会計処理をみてみましょう。

 

◇(事例①)

・日経225先物(1単位)を買建て

・15,000円(取引時)→15,100円(決算日)→15,150円(決済時)

・日々値洗い(例)15,050円

・委託証拠金63万円と仮定

 

(1)取引開始時

(差入証拠金)630,000円 /(現預金)630,000円

 

(2)値洗い時(例:現金引き出しせず)

(預け金)50,000円 /(先物取引差金)50,000円

 

(3)決算日

(株価指数先物資産)100,000円 /(先物評価益)100,000円

 

(4)翌期首(洗い替え)

(先物評価益)100,000円 /(株価指数先物資産)100,000円

 

(5)決済時(支払手数料等は考慮外)

①決済損益

(未収金)       100,000円 /(株価指数先物利益) 150,000円

(先物取引差金)50,000円 /

            

②証拠金清算

(現預金)630,000円 /(差入証拠金)630,000円

 

◇◇(事例②)

・日経225先物(1単位)を買建て

・15,000円(取引時)→15,100円(決算日)→14,800円(決済時)

・日々値洗い(例)15,050円

・委託証拠金63万円と仮定

 

(1)取引開始時

(差入証拠金)630,000円 /(現預金)630,000円

 

(2)値洗い時(例:現金引き出しせず)

(預け金)50,000円 /(先物取引差金)50,000円

 

(3)決算日

(株価指数先物資産)100,000円 /(先物評価益)100,000円

 

(4)翌期首(洗い替え)

(先物評価益)100,000円 /(株価指数先物資産)100,000円

 

(5)決済時(支払手数料等は考慮外)

①決済損益

(先物損失)    200,000円 /(未払金)250,000円

(先物取引差金)50,000円 /

 

②証拠金清算

(現預金)630,000円 /(先物取引差入証拠金)630,000円

 

なお、勘定科目は適宜他のものに変えて構いません。

 

以上が、会計処理の一例ですが、売建ての場合なども同じ要領で処理できます。

 

■関連記事

日経225先物取引の概要

 

(税理士 橋本ひろあき)