広大地の財産評価

今回は広すぎる宅地(広大地)の評価をみてみましょう。

 

(1)広大地とは

広大地とは、①その地域における標準的な宅地の地積に比べて著しく地積が広大な宅地で、②都市計画法に規定する開発行為を行うとした場合に、公共公益的施設用地として相当規模の負担が必要と認められるものをいいます。

 

ただし、大規模工場用地に該当するもの及び中高層の集合住宅等の敷地用地に適しているもの(いわゆるマンション適地)を除きます。

 

※開発行為

:主として、建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいいます。

 

(2)評価方法

①路線価地域にある場合

その広大地の面する路線の路線価に、奥行価格補正から容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価までの定めに代わるものとして一定の算式により求めた広大地補正率を乗じて計算した価額に広大地の地積を乗じて計算した金額

 

②倍率地域にある場合

その広大地が標準的な間口距離及び奥行距離を有する宅地であるものとした場合の1㎡当たりの価額を路線価として、上記①に準じて計算した金額 

 

■関連記事

利用価値の著しく低下している宅地の財産評価」 

セットバックを必要とする宅地の財産評価

私道の用に供されている宅地の財産評価」 

容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の財産評価

都市計画道路予定地内にある宅地の財産評価」 
広大地の財産評価」←当記事

 

(税理士 橋本ひろあき)