セットバックを必要とする宅地の財産評価

今回も見落としやすい特殊な宅地のケースをみてみましょう。

 

建築基準法第42条第2項の規定により指定を受けた道路、いわゆる2項道路は、原則として、その道路の中心線から両側に2メートルずつ後退した線が道路の境界線とみなされます

この2項道路に指定された際に、中心線から2メートル以内の道路とみなされる部分にかかっている既存の建物部分については、直ちに除去する必要はないものの、将来増改築等を行う場合には、すべての建物部分は道路とみなされる部分から後退(セットバック)しなければならないこととされています。

したがって、現状は特に支障がない場合でも、その宅地の価額は、セットバックを要しない宅地の価額に比較して減価すると考えられます。

このような減価要因を有する宅地の価額は、通常の評価額から、その道路とみなされる部分に対応する価額の70%相当額を控除して評価しても差し支えないとされています。

 

なお、建築基準法第42条第3項の規定により、特例的に道路の中心線からの距離が2メート

ル未満1.35メートル以上の範囲等で指定されている場合がありますので注意が必要です。

 

■関連記事

利用価値の著しく低下している宅地の財産評価」 

セットバックを必要とする宅地の財産評価」←当記事

私道の用に供されている宅地の財産評価

容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の財産評価

都市計画道路予定地内にある宅地の財産評価

広大地の財産評価

 

(税理士 橋本ひろあき)