利用価値の著しく低下している宅地の財産評価

宅地の中には一定の評価減をすべき状況のものがあります。

 

次のように、その利用価値が付近にある他の宅地の利用状況からみて、著しく低下していると認められる宅地の価額は、その宅地について利用価値が低下していないものとして評価した価額から、利用価値が低下していると認められる部分の面積に対応する価額に10%を乗じて計算した金額を控除した価額によって評価しても差し支えないとあります。

 

①道路より高い位置にある宅地又は低い位置にある宅地で、その付近にある宅地に比し著しく高低差のあるもの

②地盤に甚だしい凹凸がある宅地

③振動の甚だしい宅地

④騒音、日照阻害、臭気、忌み等により、その取引金額に影響を受けると認められるもの

 

このような土地の評価は現地調査が不可欠です。

遠隔地にある土地の場合でも、写真を取り寄せるなどで念のための確認が必須といえます。

 

<参考>

~公開空地のある宅地の評価~

いわゆる総合設計制度により容積率の割増しを受け、建物を建築する場合には、敷地内に一定の空地を設け、日常一般に公開することが許可の基準となっています。

しかしながら、このようないわゆる公開空地として利用されている宅地については、評価上特にしんしゃくするものはありません。

 

■関連記事

利用価値の著しく低下している宅地の財産評価」←当記事

セットバックを必要とする宅地の財産評価

私道の用に供されている宅地の財産評価

容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の財産評価

都市計画道路予定地内にある宅地の財産評価

広大地の財産評価

 

(税理士 橋本ひろあき)