FX長期スワップ派の投資定石

2013年12月23日某時点のSBI証券でのFX投資/運用状況です。

(1豪ドル=93.00円のとき)

(1万通貨単位のスワップ金利=63円/日)

※1万豪ドル円の運用で1日63円の利息収入があることを意味します。

 

必要投資資金 取引量 レバレッジ  ロスカットレート  運用利回り
93万0000円 1万通貨 1倍 3.72円 2.47%
41万7200円 1万通貨 2.23倍 55.00円 5.51%
※レバレッジ倍率25倍のケース(個人投資家は2011年8月~) 
 
必要投資資金 取引量 レバレッジ  ロスカットレート  運用利回り
93万0000円 1万通貨 1倍 1.86円 2.47%
39万8600円 1万通貨 2.33倍 55.00円 5.76%
※レバレッジ倍率50倍のケース (法人投資家に適用:㊟個人投資家は2010年8月~2011年7月迄) 
 
必要投資資金 取引量 レバレッジ  ロスカットレート  運用利回り
93万0000円 1万通貨 1倍 0.93円 2.47%
38万9300円 1万通貨 2.39倍 55.00円 5.90%
※レバレッジ倍率100倍のケース (法人投資家だけに適用:㊟業者条件あり)
 

長期スワップ派は、金利収入を目的に長期のFX取引を行います。

 

豪ドル円の史上最安値は約55円ですから、ここまで下がる可能性はあります。

そのため、ロスカットレートを1豪ドル=55.00円とするスワップ派が多いといわれています。

 

上記からわかるように、

個人口座ではレバレッジ倍率は25倍までに制限されており、倍率25倍の豪ドル1万通貨単位の投資で運用利回りは5.51%となり、、法人口座では通常倍率100倍の投資で運用利回りは5.90%にもなります。

 

このように外貨預金(レバレッジ1倍)の運用よりも、

FX取引の方が少額の投資資金で約2.23~2.39倍のリターンが得られることがお分かりになると思います。

 

しかもかなりリスクを抑えて(コントロールして)です。

 

このような投資メリットがあるため、リスク管理がきちんとできる場合、FX取引は資産運用の有効な手段の一つといえます。

 

※ただし、ロスカットレートを万一割ることになれば投資資金を全額失う可能性もあります。

 最終の投資判断は自己責任のもとでお願い致します。

 

(税理士 橋本ひろあき)