ネットショップの特有会計処理

ネットショップ特有の仕訳に「ポイント引当金」の仕訳があります。

 

例えば、楽天会員は、楽天市場でのサービス利用料金に対し通常1%のポイントがもらえます。

(税別100円で1ポイント)

なお、ポイントの有効期限は、ポイント付与月の翌年の前月末日までです。

 

ポイント引当金の会計処理は

 

(1)最初販売時

税別10,000円の売上げがありました。

①商品売上げ

 (現預金)10,800 (売上高)   10,000

            (仮受消費税等)800

 ※消費税は課税売上げです。

②ポイント付与

 特に仕訳なし

 ※ただし、付与ポイント100はシステムで管理。

 

(2)決算日

 引当金を計上します。翌年の失効率も織り込んで、ポイントの過去平均使用率などを用います。

 ここでは、使用率=引当率が50%だと仮定します。

 

(ポイント引当金繰入額)50 (ポイント引当金)50

※勘定科目は「販売促進費」でもOKです。

※消費税は不課税です。

 

(3)ポイント使用販売時

 100ポイントのうち、50ポイントを使って税別10,000円の売り上げがあった場合、

 グロスで売上げを計上し、ポイント使用分を費用計上します。

 

(現預金)10,746 (売上高) 10,000

(販売促進費)※50(仮受消費税等) 796

※費用の二重計上にみえますが、決算日に引当金を戻し入れるので問題ないです。

※消費税の課税標準は、受取対価の9,950円になります。

 

(4)次期決算日

①戻入れ

(ポイント引当金)50(ポイント引当金戻入額)50

※前期分

②当期繰入れ

(ポイント引当金繰入額)25 (ポイント引当金)25

※ポイント残高50×50%=25

 

この他に、

・複数店舗出店の場合は部門別会計(店舗別管理会計)にすれば損益管理が店舗(店長)ごとに可能

 となる。

・送料は消費税との絡みで場合により売上高に含めないで、別勘定(預り金)とするのが納税義務の

 判定などに有利となる。

などいくつかの留意点があります。

 

■関連記事

ネットショップの基本会計処理

ネットショップ運営に必要な法律知識


♢改訂履歴

2015年1月17日更新

 

(税理士 橋本 ひろあき)