相続税の納税はどうする?

遺産が多くて相続税の納税が必要となった場合、どうすべきでしょうか?

 

相続税については、金銭(現金)での一括納付が大原則です。

 

ですが、一括納付が困難な場合には分割納付(延納)が可能です。

ただし延納には要件があり、かつ、延納期間(通常は10~20年)に渡って

利子税(通常は年2.1%~3.1%)という利息がかかります。

※延納期間や延納利子税は、相続財産のうち不動産等が占める割合によって変わります。

 

それでは、延納でも納付困難な時はどうなるのでしょうか?

 

相続税については、予期しない遺産税という特殊性から「物納」という特別の納税方法が認められています。

 

しかし、この物納についても要件があります。

また物納物件には優先順位が法定されており「遺しておきたい財産」も収納しなければならない事態も起きえます。

※相続時精算課税適用財産は除かれます。また、納期限までに物納の申請をし、原則として3か月以内に許可又は却下の処分が行われます。

 

こうした事態を招かないように、納税資金対策も早目に抜かりなく行う必要があります。

 

やはり大原則の現金一括納税ができるように、遺産の中に十分な現金がのこるように準備しておきたいものです。

 

そのためには、「保険」の活用を特にお薦めいたします。

 

保険金(死亡)には、非課税枠(500万円×法定相続人の数)があります。

例えば、相続人3人なら、1,500万円は相続財産にはカウントされません。

つまり即座に節税になります。

さらに現金が保険金受取人である相続人に支払われますから、他にキャッシュがなければ、この保険金を納税に充てることができるのです。

 

(税理士 橋本ひろあき)


~スッと読めますシリーズ~
拙著「相続税の基礎知識と増税対策」収録記事

■関連記事

ダウンロード
2014年7月13(朝日新聞)記事内容「なるほどマネー:気になる相続⑨」を掲載
分割やモノでも納税できる
2014年7月13日①.pdf
PDFファイル 249.4 KB