◇ご挨拶

 

会社経営に苦闘しながらでも前進・成長しようとする経営者の皆様にとって、頼りになる未来志向型事務所を創りたいと、税理士の資格取得後に独立開業いたしました。

 

当事務所は、なぜ、従来型ではなく、未来志向型をめざしているのでしょうか?


それは、従来型の節税目的だけの記帳代行屋としてでなく、会社経営力の安定・強化を目標とした経営基盤・財務体質強化支援事務所として機能することに価値があると考えているからです。

 

そのため、目先の利益や税金に目を奪われることなく、長期的な視野のもとキャッシュ・フローがより良くなるように支援することを心掛けています。

 

例えば、期中にかなりの売上げや臨時収入があり高額な納税が見込まれるような期末直前に、単なる節税目的の不要不急の備品購入や安易な保険加入などについては苦言を申し上げます。


税金は少ないに越したことはありませんが、会社存続・発展のために税金をあえて支払うという戦略もあるのです。もちろんバランスの取れた節税はエクセレントに実施いたします。

 

見落としやすいですが、税引き後の利益があってはじめて会社にとって自由に使える内部留保が生まれます。
逆に言えば、自由に使える(再投資できる)資金は課税後のものにどうしてもなってしまうという真実があるのです。

 

こうした真理に意味や価値を見出せるかどうかが経営者の力量といえるでしょう。
多くの優良企業の経営者の皆様はこの辺りをきちんと理解されて納税経理に対応されています。

 

前向きで納税意識の高い経営者の皆様を精一杯ご支援したいと存じます。
ともに前進・成長していきましょう。

 

平成25年8月吉日
税理士  橋本ひろあき