ブログカテゴリ:2015年9月



2015/09/30
平成27年度税制改正により、(投資)法人が受ける受取配当等の取扱いが変更されました。 ここでは、よくあるケースに絞ってみてみたいと思います。 (1)投資している上場日本株からの配当金 通常は保有割合が5%以下のため、非支配目的株式等に係る配当等として、その20%が益金不算入(つまり80%が課税対象)とされます。...
2015/09/29
投資会社で外国上場株式を保有する場合、決算申告にあたり、どのような処理をすればよいのでしょうか? ここでは、会計上の処理と税務上の処理をみたいと思います。 (例) ・A社株式(取得原価@100ドル、取得時レート1ドル=120円)を100株取得 ・A社株式の期末時価は@98ドル、期末日レートは1ドル=125円とする。 (1)会計上の処理...
2015/09/28
上場外国株式の配当金の法人税務については、当ブログ2013年9月10日付「上場外国株式(配当金)の法人税務」ですでにみたとおりですが、今回は、その中の外国源泉税の取扱いの補足をしたいと思います。 外国源泉税の税務処理については、①(外国)税額控除方式か②損金算入方式かを選択できます。...
2015/09/25
外国上場株式を個人又は法人で所有する場合、その財産評価はどのようにするのでしょうか? 国税庁の質疑応答事例によると、国内の上場株式に準じて評価するとあります。 つまり、原則として、課税時期における最終価格(終値)によります。...
2015/09/02
この10月1日から、「電気通信回線を介して」行われる役務の提供について、消費税の取扱いが変更されます。 具体的には、広告配信、電子書籍、音楽配信などがこれに該当します。...