ブログカテゴリ:2015年3月



2015/03/30
相続開始後に行う手続きにはさまざまなものがあります。 ここでは時系列にみていきます。 (1)7日以内(期限) ・死亡届 ・埋葬許可証 (2)14日以内(期限) ・世帯主変更届 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・遺言書の有無の確認 (あれば遺言者の住所地を所轄する家庭裁判所で検認) ・相続人、相続財産の調査・確定...
2015/03/26
最近ではネット証券もすっかり浸透し、若いパソコン世代を中心に多くの個人投資家がネット・トレードに参加しているようです。 銀行預金など固定(金融)商品が低金利なのをしり目に、少しでも有利な運用先を求めての苦心の投資行動のあらわれといえそうです。...
2015/03/25
ネットトレード・ビジネスを株式で行う場合、資金を集中投資するのか、分散投資するのかは重要な問題です。 集中投資とは、投資資金を1銘柄または数銘柄に集中して投資するもので、当たれば大きなパフォーマンスがあがる手法です。...
2015/03/23
ネット・トレードビジネスを株式で行う場合、投資対象を成長株にするのか割安株にするのか、またはミックスしてするのか決めなければなりません。...
2015/03/19
個人事業主や会社経営者が節税するにあたって、まず検討される商品が「小規模企業共済」です。 節税しながら、自身の将来の退職金や年金が準備できるためです。 この商品は、経営者の退職後のゆとりある生活を応援するもので、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。つまり、国が全額出資する機構が運営しており安心な制度といえるでしょう。...
2015/03/06
平成26年分の所得税の確定申告も終盤となりましたが、これから申告だという方もいらっしゃると思います。 今回で最終回となりますが、申告直前の留意事項を最後に確認したいと思います。 <留意事項> (1)公的年金の申告不要制度...
2015/03/04
所得税の税額控除は、納税額からストレートに控除できるため、所得控除より節税インパクトが大きいものになっています。 所得税額からストレートに控除できる税額控除には 主に次のものがあります。 主なもの (1)配当控除 (2)住宅借入金等特別控除 (3)公益社団法人等に対する寄付金控除 (4)外国税額控除 順に概要をみてみましょう。 (1)配当控除...
2015/03/03
個人ならではの税金計算上の特典(配慮)に「所得控除」があります。 ちなみに法人の税金計算にはこうした控除はありません。 自然人である個人については、家族の扶養状況や個人の生活費の支出状況など人的・物的な個々の諸事情を税金計算で考慮しようとするものです。 (1)人的控除 ①扶養控除 ・所得税で38万円、住民税で33万円...