ブログカテゴリ:2014年7月



2014/07/31
これまでに、相続に関する法制や税制について多くのことをみてきました。 とりわけ相続税の中心は、相続財産の財産評価であることがお分かりになったと思います。 そして、土地をはじめとして自社株なども上手に対策すれば、その評価額が引き下げられることもお分かりになったと思います。...
2014/07/30
最近、生命保険を活用した相続対策が流行っているようです。 相続税の非課税財産のところでみたように、被相続人の死亡時に相続人が受け取る生命保険金には非課税枠(500万円×法定相続人の数)があり、節税メリットが享受できることがその背景にあります。 ■例示(相続人は2人と仮定) A案:現金1,000万円のまま →課税財産は1,000万円のまま...
2014/07/28
2014年7月27日付で「プレスリリースゼロ」に下記のご案内を掲載いたしましたので、お知らせいたします。 当サービスをご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 ■原文はこちら ○以下全文
2014/07/26
土地と一言でいっても、正方形の形状のよいものばかりではなく、また利用状況はさまざまです。 すでに宅地の財産評価のところでみたとおり、土地評価にあたってはその形状や状況を斟酌してさまざまな調整(補正)が行われます。...
2014/07/25
実際にある話ですが、相続税の納税額は依頼する税理士により上下すると考えてよいでしょう。 それは、相続税を中心とする資産税の方面に明るい税理士がごく一部だからです。 医者の世界でも、外科・内科・整形外科・歯科などそれぞれに専門医がいます。 内科では権威ある医者が、果たして一流の外科手術を行うことができるのでしょうか?...
2014/07/24
平成20年(2008年)から行われている個人の「ふるさと寄付金」制度ですが、施行から6年ほど経過し、かなり浸透してきたのではないでしょうか。 今年は、個人投資家の多くの方が良好な投資リターンを得られていると思います。 こんな年は節税も兼ねて気前よく寄付するのも一考です。...
2014/07/23
以前から気になっていた本を一気に読んでみました。 本書は、主に土地評価の見直しによる相続税の還付可能性と実際の実例を具体的に述べたものです。 会社PRも兼ねた内容ではありますが、全体的には、土地評価のポイントと注意点が要領よくまとめられていました。...
2014/07/22
平成27年1月から相続税が増税されますが、同時に一定の場合に贈与税が軽減(減税)されることになっています。これは相続増税の負担軽減と次世代の消費促進を目的に行われます。 具体的な軽減(減税)の対象者は、20歳以上の子や孫が、祖父母や父母から贈与を受ける場合です。...
2014/07/19
これからのグローバル時代では、投資をしているかどうかで将来の収益に相当の差がついてしまうと考えます。 行政や政治にあまり期待できない時代となってきているため、自己努力がこれまで以上に必要になります。 その努力手段の一つが、投資であり、特に長期分散投資といえます。...
2014/07/18
投資運用会社の運用成績の良し悪しは何を基準にすればよいのでしょうか? 自社の運用目標が漠然と年率3~4%なら、これをクリアできたら良かったと考えることもできます。 しかし、ここでは、投資の世界で通常比較対象とされるベンチマークと比べて上回った場合に良かったと定義付けたいと思います。...

さらに表示する