ブログカテゴリ:2014年5月



2014/05/31
合同会社の会計処理ですが、株式会社と同様、発生主義会計によります。 この発生主義というのは、現金主義と対にして語られることが多いので、この記事においても両者を取り上げたいと思います。 ×:現金主義会計 まず、分かり易い「現金主義」についてみてみましょう。...
2014/05/30
農家や商工業などの個人事業者であった場合に、加入組合があったときのその出資金の評価はどうするのでしょうか? (1)農業協同組合等の出資(評基通195) 農業協同組合や漁業協同組合等の一般的な産業団体に対する出資の価額は、原則として払込済み出資金額によって評価します。 (他の例) 信用金庫の出資 信用組合の出資 (2)企業組合等の出資(評基通196)...
2014/05/29
不動産投資信託証券(いわゆるJ-REIT)の財産評価は一体どのようにするのでしょうか? (1)不動産投資信託証券とは 不動産投資信託証券とは、投資法人又は投資信託委託業者等が多くの投資家から集めた資金を不動産を中心とする資産に投資し、運用して得た賃料等の収益を投資家に分配する商品をいいます。...
2014/05/28
証券投資信託(受益証券)、いわゆるファンドの財産評価は一体どのようにするのでしょうか? (1)証券投資信託とは 証券投資信託とは、不特定多数の投資家から集めた資金を、投資信託委託会社が株式や公社債などの有価証券に分散投資し、その運用によって得た利益を投資家に分配する商品です。...
2014/05/27
相続財産は相続権を持つ相続人間で分ける(「遺産分割する」)ことになります。 そして、その分割結果を書面にすることになりますが、その作成にあたっての注意点はどんなものがあるのでしょうか? (1)遺産分割協議書の作成 ①遺産分割 被相続人が死亡したことにより、その財産は相続人の共有財産となります。...
2014/05/26
最近では、遺言(書)を作成する方が増えているようです。 この遺言とはどんなもので、作成上の注意点にはどんなものがあるのでしょうか? (1)遺言の作成 ①遺言作成のメリット 被相続人が生前に遺言することで、指定分割の効果が得られます。 遺言者の遺志を遺産分割に反映できるため、相続人間のトラブルを防止するメリットがあります。...
2014/05/23
最近よくテレビや新聞などで見聞きする「遺言代用信託」とはどんなものなのでしょうか?...
2014/05/22
相続が起きた場合、一体誰が財産を相続できるのでしょうか? 相続権は、法律(民法)の規定により「相続人」にあるとされています。 この民法は、相続人の範囲と順位について次のとおり定めています。 ただし、相続を放棄した人や相続権を失った人は初めから相続人でなかったものとされます。 (1)被相続人の配偶者は、常に相続人となります。...
2014/05/20
教育資金の贈与が1,500万円まで非課税になる制度が始まって、今年4月1日で1年が経ちました。 日本経済新聞によると、贈与額は大手信託銀行4行の合計で4300億円、契約数は6万5千件と当初の見込みを大幅に上回った様子です。...
2014/05/19
合同会社を運営すると不可避的に発生する費用に交際費と車両費があります。 そして法人化して最もメリットが享受できる費用でもあります。 (1)交際費 交際費とは、事業関係者に対する接待・供応・慰安・贈答などの行為をいい、よくある飲食店での接待やタクシーでの送り迎え、お土産などがこれに該当します。...

さらに表示する