ブログカテゴリ:2014年3月



2014/03/29
これからは、相続増税対策で、個人で資産管理会社を設立し、活用することが多くなるかもしれません。 この資産管理会社に、個人所有の株式や不動産、債券や預貯金などの資産を移管して、法人所有とするのです。...
2014/03/28
ファンドを組成すると、特に「営業者」において各種の法規制が関係してきます。 今回はその概要を見ることにしましょう。 (1)みなし有価証券...
2014/03/27
最近よく耳にする「ライツ・オファリング」の会計・税務について、基礎知識を確認した上でみることにしましょう。 (1)ライツ・オファリングとは...
2014/03/26
相続財産にゴルフ会員権やリゾート会員権がある場合の評価方法をみてみましょう。 (1)ゴルフ会員権の評価 ゴルフ会員権の価額は、仲介業者等による取引相場の有無により区分して評価しますが、ここでは取引相場のある会員権について見ることにします。 ①原則 課税時期(相続時や贈与時)における通常の取引価格の70%に相当する金額によって評価します。...
2014/03/25
営業者は、匿名組合の財産・損益を含めたところで会計決算や税務申告をすることになります。 (1)法人税 営業者が合同会社の場合、その法人税の所得金額の計算にあたっては、匿名組合契約により匿名組合員に分配すべき利益の額又は負担させるべき損失の額を損金の額又は益金の額に算入します。 会計上は、損益計算書上の「損益分配額」において表示します。...
2014/03/24
匿名組合員としては個人と法人が考えらえますが、ここでは投資家として法人匿名組合員をみてみましょう。 法人匿名組合員の法人税の計算については、次のとおり留意すべき事項があります。 (1)益金及び損金の計算...
2014/03/21
ファンド組成の際に、導管体(ヴィークル)となる匿名組合に関する税務をみてみましょう。 (1)構成員課税(パススルー課税) 匿名組合の損益は原則として組合にはとどまらず、直接その構成員である営業者及び構成員に帰属します。 ただし、個人匿名組合員の場合は、税務上は発生時ではなく分配時に課税され、構成員課税は否定されています。...
2014/03/20
営業者の財務諸表は、おおむね通常作成する本体そのものの財務諸表と変わりませんが、次の点が変わります。 (1)営業者の貸借対照表 (固定負債) ・長期預り金 …匿名組合員からの出資金であり、その額は匿名組合貸借対照表の純資産の額と一致します。 (2)営業者の損益計算書 (P/L末尾) ・匿名組合契約に基づく損益分配前の税引前当期損益 ①××...
2014/03/19
今回は、匿名組合出資をしている個人の相続時や贈与時の財産評価をみてみましょう。 また、参考として、評価会社が匿名組合出資金を有する場合の自社株評価上の取扱いをみたいと思います。 (1)評価方法 匿名組合員の有する財産は、利益配当請求権と匿名組合契約終了時における出資金返還請求権が一体となった債権的権利と考えられます。...
2014/03/18
今回はいつもと趣向が変わりますが、米国税制の一端を垣間見たいと思います。 (1)外国居住者(在日日本人<非米国人>の場合) ①フォームW-8BEN 米国内で所得が生じる場合、あらかじめフォームW-8BENを源泉徴収義務者に対して提出する必要があります。 ※税制上のステータスが<米国人>のときは、次のフォームW-9を提出します。...

さらに表示する