ブログカテゴリ:2013年10月



2013/10/31
プライベートな会社を設立する場合、会社形態は「合同会社」をおすすめしています。 一番の理由は、会社設立コストが株式会社より安く、その1/3程度で済むからです。 実際に電子定款を作成して、印紙税4万円を節約すると7万円ちょっとで合同会社なら作成できるのです。 その影響か、最近では新規設立法人の2割は合同会社だと言われています。...
2013/10/30
一般の事業会社が投資法人を子会社形態で設立した場合、何かメリットがあるのでしょうか? (前提条件) ・A社・・・親会社(一般事業を営む) ・a社・・・A社の100%子会社(株式投資事業を営む) (1)法人税法上のメリット a社を新規に設立した場合、a社に利益が出れば、剰余金の分配可能額の範囲内で配当をすることができます。...
2013/10/29
当事務所がおすすめする不動産所有タイプは、 ①区分所有マンション、②アパート一棟型であるため、その敷地である土地等(土地及び土地の上に存する権利)を多く広く所有することはまずないと思います。 ①の区分所有マンションの場合は、その敷地利用権部分が土地等に該当しますが、その相続税評価額は僅少ですし、...
2013/10/28
株式保有タイプの会社の自社株評価には注意すべき点があります。 その保有する株式及び出資(「株式等」といいます。)の割合が50%以上になれば、「株式保有特定会社」として特別な評価をすることになるのです。 それでは一体、「株式等」には何が含まれるのでしょうか?...
2013/10/25
投資法人の設立と運営に関するワンポイントアドバイス(12点)です。 (1)プライベートカンパニーの設立    看板がほとんど営業上必要ない「投資会社」「節税会社」「資産管理会社」設立は合同会社で    十分OKです。    また、高給取りのサラリーマンが脱サラや定年退職する場合は、社会保険完備の合同会社の社...
2013/10/24
株式会社が資本政策を機動的に行うため、会社経営者(通常株主でもあります。)から自社株を取得することがあります。 ≫もし会社が自己株式を個人株主(社長や会長など)から無償取得した場合、課税関係はどうなるのでしょか? (1)取得側 会社側に課税関係は発生しません。 平成18年度の税制改正前までは、 (有価証券)××(受増益)××...
2013/10/23
ネットショップ特有の仕訳に「ポイント引当金」の仕訳があります。 例えば、楽天会員は、楽天市場でのサービス利用料金に対し通常1%のポイントがもらえます。 (税別100円で1ポイント) なお、ポイントの有効期限は、ポイント付与月の翌年の前月末日までです。 ポイント引当金の会計処理は (1)最初販売時 税別10,000円の売上げがありました。 ①商品売上げ...
2013/10/22
ヤフージャパンが、「eコマース革命」を始動させるため、ネットショップの出店費用等を来年から無料化すると発表し、今後ネットショップを運営しようとする方が増えると予想されます。 ※現在、日本全国で10万社のネットショップがあるといわれています。 今回は、ネットショップ会計の基本処理をまとめます。 事前準備の参考になればと思います。 (1)売上げ...
2013/10/21
消費税の増税が決定し、平成26年4月からは消費税負担がますます重くなります。 しかし、売上規模が年商2,000万円~3,000万円程度の個人事業を法人成りすることで 上手に免税を受けることが可能です。 (具体例) 個人事業;平成23年:年商900万円(開業年) 個人事業;平成24年:年商2,000万円(上半期900万円)...
2013/10/16
多くの企業が当たり前ですが、自社の得意とする事業分野で経営をし「事業利益」を得ています。 それでは余剰資金の運用益である「投資利益」は不必要なものなのでしょうか? 私は本業が上手くいって多くの利益「事業利益」を得て、その獲得した余剰資金で運用し「投資利益」も得ていくのがベストというより、これからは不可欠になると思います。...

さらに表示する