カテゴリ:相続増税



2020/09/21
平成30年に民法が改正され、令和2年4月1日以後に開始する相続から配偶者居住権の設定が可能となりました。 この記事では、配偶者居住権とその配偶者居住権の評価方法について説明しています。 配偶者居住権とは? 配偶者居住権は、配偶者の生存中は被相続人の所有していた建物に引き続き無償で居住できる権利(利用権)です。...
2020/09/21
最終更新日:令和2年(2020年)9月21日 作成日:平成26年(2014年)5月26日 最近では、遺言(書)を作成する方が増えているようです。 この遺言とはどんなもので、作成上の注意点にはどんなものがあるのでしょうか? (1)遺言の作成 ①遺言作成のメリット 被相続人が生前に遺言することで、指定分割の効果が得られます。...
2017/04/10
赤道(あかみち)というのは、道路法や建築基準法の適用のない里道や農道などです。 *昔の公図で赤く着色されていたことから「赤道」というそうです。 ちなみに青道(あおみち)というのは、昔河川や水路であった土地のことです。 *昔の公図で青く着色されていたことから「青道」というそうです。...
2015/04/20
国の住宅政策の一環として、配偶者への住宅又は住宅取得資金の贈与が一定額まで非課税になる制度が継続されています。 この制度は、受贈者側の配偶者が無税で住宅そのものや住宅取得資金をもらえる一方、贈与者側の相続対策にもなるので活用に値します。...
2015/04/20
国の住宅政策として、住宅取得資金の贈与が一定額まで非課税になる制度が継続されています。 この制度は、受贈者側の子などが無税で頭金となる住宅取得資金をもらえる一方、贈与者側の祖父母などの相続対策にもなるので活用に値します。...
2015/04/10
暦年贈与ではなく、相続時精算課税に係る贈与があった場合の相続税での取扱いはどうなるのでしょうか? 相続時精算課税に係る贈与は、生前に財産を贈与税無税(㊟最大2,500万円の特別控除額を活用した場合)で移転する場合に有効ですが、贈与者の相続時には相続財産として持ち戻されて、相続税の対象とされます。...
2015/04/03
結婚・子育て資金の贈与が1,000万円(結婚資金は300万円)まで非課税になる制度が平成27年度税制改正により創設されました。 この制度は平成27年4月1日から施行され、受贈者側の孫などが無税で結婚・子育て資金をもらえる一方、贈与者側の祖父母などの相続対策にもなり、大いに活用されることになりそうです。...
2015/03/30
相続開始後に行う手続きにはさまざまなものがあります。 ここでは時系列にみていきます。 (1)7日以内(期限) ・死亡届 ・埋葬許可証 (2)14日以内(期限) ・世帯主変更届 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・遺言書の有無の確認 (あれば遺言者の住所地を所轄する家庭裁判所で検認) ・相続人、相続財産の調査・確定...
2015/01/23
絵画の財産評価はかなり曖昧で困難だと思います。 絵画の収集を趣味にしている人にとっては価値があるものでも、興味のない人にとってはあまり価値を感じないものだからです。 実際には、相続財産としての絵画の評価については、 財産評価基本通達で「書画骨とう品」として次のように規定されています。 (書画骨とう品の評価)...
2014/12/08
まだまだ先と思っていた相続税制の変更が、もう来月(つまり来年の平成27年)に迫っています。 ご存知のとおり、今回の改正は増税要素が多く、しかも増税インパクトの強い変更となっていますので、すでに増税対策を抜かりなく行っている方も多いかもしれません。...

さらに表示する