ビットコインをめぐる会計処理(2017年7月以降)

日本ではあまり普及していないようですが、少量であれば保有している会社があるかもしれません。 もしも保有する場合、「仮想通貨」の会計処理は一体どうすればよいのでしょうか? ここでは、以前話題となった仮想通貨のビットコインについてみていきたいと思います。...

続きを読む

ビットコインをめぐる税務処理(2017年7月以降)

ビットコインの課税関係(税務処理)はどのようになるのでしょうか? (1)ビットコインの課税関係(個人) 通常、個人で仮想通貨交換を業として行うことは考えられませんので、資産運用目的としての課税関係を前提にして説明しています。 ①所得税 ビットコインの売却益は資産の譲渡による所得とされ、総合課税の譲渡所得の対象とされます。...

続きを読む

法人のゴルフ会員権をめぐる税務処理

接待等のために法人名義でゴルフ会員権を購入し、所有することがあります。 この場合、ゴルフ会員権の所有(契約)形態に応じて、次のように処理することになります。 (1)株主会員制 ①概要 ・クラブ会員は、経営会社の株主となります。 ・定款等に定められた施設利用権、株主提案権、株主総会議決権等の会社法上の株主権を有します。...

続きを読む

法人のリゾート会員権をめぐる税務処理

法人名義で福利厚生や接待のためリゾート会員権を購入し、所有することがあります。 この場合、リゾート会員権の所有(契約)形態に応じて、次のように処理することになります。 (1)共有制(いわゆる「オーナーズクラブ」制) ①概要 リゾート施設の所有権を会員で共有します。現在の主流となります。 一つの施設を複数の会員で共有し、不動産登記を行います。...

続きを読む

法人でシェアオフィスを設置する場合の均等割

法人住民税の均等割は、事務所等の所在地ごとの自治体ごとにそれぞれ課税されることになっています。 ここでいう事務所等とは、いったいどのようなものなのでしょうか? 税法上、事務所等の定義要件として、次の人的設備、物的設備、事業の継続性の三要件が規定されています。 (1)人的設備...

続きを読む

ビットコイン・トレードをめぐる税務

投資目的(中長期)で現物保有するビットコインの税務については、すでに以前のブログでとりあげました。 このブログでは、特に、短期で頻繁にトレードを行っていたり、FXや先物のようにレバレッジをかけてトレードを行っている(差金等決済をしている)場合の税務について考えたいと思います。...

続きを読む

法人での株式購入取引と支払調書

投資会社や一般事業会社などの法人が、株式*を証券会社を介して売買したり、法人と相対売買する場合には、特に支払調書を作成する必要はありません。 しかし、法人が国内において個人から相対などで株式*を取得する場合には、「株式等の譲渡の対価等の支払調書」の提出が必要になります。 *株式には、上場株式だけでなく非上場株式も含まれます。 (1)根拠法令...

続きを読む

個人でのFX取引と支払調書

(1)背景 平成20年まではその対象外でしたが、FX取引に絡んだ大型の脱税事件が何件か発覚したことを機に法制度が見直され、平成20年度所得税法改正に伴い、平成21年から支払調書の提出が業者に義務付けられました。 (2)概要...

続きを読む

合同会社の代表社員の肩書のこと

株式会社の代表者の肩書は、よく「代表取締役社長」とされます。 それでは、合同会社の代表者の肩書は、いったいどうなるのでしょうか? 一般的には、登記上の地位や資格(登記事項)から「代表社員」とされることが多いですが、これだと従業員の代表者であると誤解されやすいです。 そもそも合同会社でも「社長」という機関を設計・設置することができます。...

続きを読む

住宅ローン控除の中古住宅への適用

住宅ローン控除は、所得税の税額控除の中で最も節税効果の高いものになっています。 したがって、購入する住宅がその適用対象になるのかならないのかは大変重要な問題です。 ほとんどの方は新築住宅を購入されると思いますが、最近の住宅価格高騰から、大都市圏ではあえて中古住宅を購入される方も見られるようになりました。...

続きを読む