質問Q&A

Q1 初回面談時にはどのような資料が必要ですか?

 

Answer.

次の資料をご用意くださると、打ち合わせがスムーズにできます。
① 定款 ② 会社謄本 ③ 税務署に提出した申請書・届出書
④ 過去3期分申告書 (法人税・地方税・消費税) ⑤ 過去3期分の総勘定元帳
⑥ 経費の請求書・領収書  ⑦ 労働者名簿・賃金台帳    ⑧   借入金・リースの返済計画表

 

Q2 現在顧問税理士がおりますが、変更は可能ですか?

 

Answer.

ご安心ください、変更可能です。
変更のタイミングは決算終了後がベストですが、決算直前でも可能な限りお受けいたします。

 

Q3 平日は忙しいので、夜間や土日の対応は可能ですか?

 

Answer.

弊所の営業は平日の9時30分から16時30分ですが、事前にご連絡をいただければ対応は可能です。

 

Q4 会社を設立しましたが、経理に関することが全くわかりません。それでも大丈夫ですか?

 

Answer.

大丈夫です、ご安心ください。
もちろん経理は大切ですが、経理をしっかりやれば会社の業績がよくなるわけではありません。
税務署や税理士のチェックのために経理作業を行っていませんか?
幣所では、ローコスト経営のための投資対効果(費用対効果)を重視しております。
前置きが長くなりましたが、なるべく事務負担のかからない経理方法の提案をいたしますので、経理に関することが全くわからなくても心配ありません。
それでも不安な方には、丸投げできる記帳代行(まるごと)楽々コースをご用意しております。

 

Q5 顧問料はどのように決まるのですか?

 

Answer.

まずは面談時にお渡しする料金表をご覧ください。   
売上規模を基準として、業務の分担と訪問頻度により料金設定しております。 ただし、内容の難易度・分量により若干の報酬の増減があります。

なお、事前に必ず見積書をお渡ししますので、安心して料金をご確認いただけます。

 

Q6 無料相談は受け付けておりますか?

 

Answer.

顧問先を最優先する当社の方針より、無料の税務相談等につきましては原則お断りしておりますが、税理士が必要かどうかのご相談についてはお受けいたします。

弊所にご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。税理士の橋本が対応いたします。

 

Q7 顧問契約せずに相談のみの受け付けは出来ますか?

 

Answer.

顧問契約を結んでいない方からのご相談は、有料にて受け付けております。
経営・税務・会計のご相談はもちろんのこと、それ以外の分野(法務・労務など)についても出来る限りお受けいたします。料金は1時間当たり5,400円(消費税込)です。 顧問契約を検討中の方も、お試しとしてぜひご利用ください。

 

スポンサーリンク